白い道 その2

ここクラビータウンは朝から快晴で、今日も暑くなりそうだった。
カレンダーは1月1日となっているが、ここにいるとその感覚がない。
ごく普通の夏の一日だった。
朝市に出掛け、そこで朝食を済ませて、ホテルに戻った。
1階のフロアは開放的な造りで、心地よい風が吹き込んでくる空間だった。
フロントのソファに座っていたときに、先に部屋に戻っていた娘が駆けつけて言った。
「おじいちゃんの様子がおかしい。すぐに戻って来て」

心地よい気分が一転した。
親父が倒れていた。
それも意識がなく、痙攣していた。
全身蒼白になっていたうえに、額の傷からは血が流れていた。
意識を失ったときに転倒して切り傷ができたのだろう。
ユニットバスやベッドのシーツには、血痕が点々と散っていた。
何が起きたのか全然わからないが、異常事態であることは間違いない。

廊下にいたベッドメイクの従業員に片言のタイ語で叫んでいた。
「病院に行きたい。救急車を呼んでくれないか!」
「どうしたんですか」
「事故ですか」
部屋の中の異変に気付いた従業員の女性たちの悲鳴が聞こえてきた。
「わからない。とにかく救急車を呼んでくれ」

予定としては、今日の午後の便でバンコクに戻ることになっていたが、それどころではなくなってしまった。
直感した。「このままでは帰国できない」
カミさんと娘には予定通り午後便でバンコクへ向かい、翌日に帰国するよう告げた。
日本での連絡要員が必要になると考えたのだ。

やがて騒ぎを聞きつけたホテルのマスターが駆けつけた。
部屋は3階でエレベータはないところだったが、マスターは親父を背負って1階に下りて行った。
マスターの男は、身体はさほど大きくはなかったが、その腕力と迅速さに驚いた。

何が起こったのだろうか。
親父は朝市には出かけていない。
おフクロの言によると
「疲れたから行かない。寝ている」と断ったという。
すでに体調に異変が起きていたのだろうか。
昨日の晩、クラビータウンの夜市に出掛けたが、その時は異常な様子はなかったのだが…

ホテルのマスターはワゴン車を用意してくれた。
後部座席に手早く親父を乗せ、僕らもすぐに乗り込んだ。
自らハンドルを握り、病院に急行した。
何という名前の病院か。
「International」の文字が目に入ってきた。

白い道 その3
https://ponce07.com/shiroimichi-03/


タイランキング

白い道 その1

いままで、いろいろなことがあったと思う。
いままで、いろいろな経験をしてきたと思う。
波乱万丈とは言えないけれど、その経験の多様さに関しては、同世代の他の日本人よりも濃度が高いのかもしれない。
失敗だらけの自分のこれまでの経験を話すと、笑われることも多いけれど…。
優等生ではなかったのだから仕方ない。
両親に対しては、迷惑や心配をかけることも多かったと思う。
いまは多忙な生活送るサラリーマンの一人だ。
唯一まとまった休暇が取れる年末年始に両親を連れてタイに出掛けたのは、昨年に続いて2回目だった。
前回の旅行はチェンマイを中心に、主に北部を回った。
お寺巡りが多かったから、ちょっと歩き疲れたか。
だから今回の旅行は正反対の方向。
南部のリゾート地を選んだ。
ここならあまり歩かずに済む。
おフクロの膝の具合が最近あまり良くないことは既に知っていた。
かつては銀行の営業員だったこともあったが、いまは当時のように速足では歩けない。

クラビー県の離島であるランタ島で大半を過ごした。
とにかく海がきれいだった。
美しい海岸に心が洗われた。
クルマを借りて島内をドライブした。
束の間の休息だった。

クラビータウンで一泊した後、バンコクに戻る予定だった。
そのバンコクへ戻る日の朝に「事件」が起きた。
何の前触れもなかった。
突然のことだった。

白い道 その2
https://ponce07.com/shiroimichi-02/


タイランキング

白い道 プロローグ

よく聞かれるのが、「なんでタイに興味があるの?」という質問です。
理由はたくさんあります。
学生の頃旅行した時の良い印象があること。
パックパッカーとしての原点といえる地であること。
美味しくて安価な食事、きれいな海、静かなお寺、気さくな人々…
どれもタイが好きな理由です。
そのタイとの関係をより緊密にするきっかけとなった「事件」がありました。
その「事件」は、いまも脳裏に焼き付いていますし、これから先も頭から離れることは決してないでしょう。
普段は両親と離れて暮らしていますが、たまに帰省して食事をするときなどは、決まってこの「事件」のことが話題になります。
少し長くなりますが、その時のことを書き綴ってみました。
白い道 その1
https://ponce07.com/shiroimichi-01/


タイランキング

「道は、ひらける」

疲れたとき。壁にぶつかったとき。
決まって読み返す本があります。

石川米雄先生の「道は、ひらける」という本です。
先生は神田外語大学の学長であったかたで、専門は東南アジア史。
特にタイ研究の分野では第一人者というかたです。
また言語学者でもあり、タイ語のほか英語やドイツ語、カンボジア語、ビルマ語など多くの言語を研究したことでも知られています。

一部を引用します。
「私は語学学習の秘訣を聞かれると必ずこう言うことにしている。外国語を習得する秘訣は個人の能力の優劣ではなく、かかって動機付けの強弱にある。」
「動機付けが弱いと、いつしか学習を継続することが困難となり、最後にはやめてしまう。動機付けの更に背後には必要性の自覚がある。」
「私は言葉と覚えるには、ざるで水を汲む覚悟がいる、と考えている。二度三度と辞書を引いて、俺はなんて頭が悪いんだなどと考えるのは甘えである。人間の脳はコンピュータのようにはいかない。エンター・キーを一度押せば、金輪際記憶の消えないフロッピーディスクとはとはわけが違うのだ。ざるだって水を汲める。ただ桶なら一回ですむ水汲みは100回必要になるかもしれない。でも単語を覚えたいという強い動機付けさえあれば、頭が悪いなどと言ってはいられない。どうしても覚えなければならないからだ。」

著名な学者でありながら、人間味のある言葉だと思います。
自分の甘さがわかります。


タイ語ランキング

動画「タイ語の勉強」

タイ語の勉強
という動画からあります

全部で3本あります。
動画といっても実際には音声だけで作られているものです。
日本語が読み上げられ、それに対応するタイ語のが後に続く。
これが延々と続いているちょっと不思議な動画です。

わけあってタイ語を勉強することになった僕が、どこから手をつけていけばいいのかわからなかった頃に、見つけたのがこの動画です。
正直、初めはまったく意味がわからず悲しくなりました。
とはいえ一度やると決めたこと。
毎日毎朝幾度となく聴きました。

しかしこの動画は誰が何のために作ったのか?
バンコクに赴任した駐在員が必要に迫られて、現地採用の社員の協力を得て作ったようです。

手作り感満載ですが、教材もあまり多くない環境のなかで、相当に努力して作ったものと思います。

その情熱に厚く感謝申し上げます。


タイランキング

バンコクの交通事情

現在のバンコク市内はBTS (高架電車)や地下鉄の路線が延びて、移動が格段に便利になりました。
僕が初めてバンコクに降り立った20数年前は、当然BTSや地下鉄はなかったので、市内の移動に公共交通の手段としてはバスが中心でした。
バスというものは基本的には地元の人が使う交通手段です。
日本国内でも、よその地方に出張や旅行に行ったときは、バスの利用に困ることが多々ありますね。
国外に行ってしまえば、それ以上の困難が伴います。

フアラムポーン(หัวลำโพง)からルムピニー(ลุมพินี)まで移動するだけでも1時間以上かかってしまったのではないかと思います。
フアラムポーンからラーマ4世通りを西方向に進むことまでは分かったのですが、どのバスを使えばいいのかわからなったのです。
バスの方向表示にアルファベットの表記はありませんでした。
タイ文字が全く読めなかったので、あと頼りになるのはフロントガラスに張りつけてある数字のみ。
これをガイドブック「地球の歩き方」の地図の道路上に小さく書いてある路線番号と照らし合わせて乗るバスを選んだのでした。
乗った後は、車掌から切符を買うところまではわかりましたが、肝心の降りる停留所がわからない…
結局早く降りすぎて、歩かされる羽目に…
酷暑の路上を重いバックパックを背負ったまま歩いたのを今でも思い出します。

先日久しぶりにバンコクに旅行した時に、そのことを思い出して、ルムピニーにも足を運んだのです。
下町の風情は変わらないものでしたが、地下鉄ができたおかげで、移動は快適になりました。
あれほど苦労して移動した距離も、地下鉄に乗れば3駅の移動。
時間にして10数分といったところです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

旅の始まり バンコク中央駅(หัวลำโพง)

この駅の前に初めて降り立ったのは20歳の時でした。
当時大学生で、アルバイトで貯めた資金でバックパッカーの真似事のような旅行に出たのです。
いまの時代のようにLCCもなかった時代でしたから、格安航空券の主流はもっぱらグループディスカウントでした。
グループディスカウントとは、専門の問屋が仕入れた団体旅行用の航空券を零細の旅行会社に切り売りする方式で、格安航空券と言えば日本ではこの方式が多かったのです。
新宿にあった小さな旅行代理店で、成田からバンコクまでの往復航空券を66,000円で買ったのを覚えています(条件はエジプト航空の60日オープン)。
いまの感覚からすると、けっこう高く感じますが、当時は安い部類だったのです。
格安の航空券となると、どうしても条件が悪くなります。
バンコクのドンムアン空港に到着したのは深夜。
空港内のカフェで時間をつぶして、北部・東北部からバンコクへ向かう夜行列車がドンムアンを通過する時間を待っていました。
事前に下調べをして、空港のすぐ近くに鉄道駅があるのを知っていたのです。
言葉も全くわからない状態でしたが、どうにか切符を買ってバンコク市内に向かったのでした。
早朝に降り立ったのがこのバンコク中央駅(หัวลำโพง:フアラムポーン駅)だったのです。
その後はここを起点に旅が始まることになります。
タイに魅了されることになる原点ともいえるところなのです。

先日、久しぶりにバンコクに行く機会がありました。
フアラムポーンにはぜひ立ち寄りたいと思ってました。
懐かしい再会でした。
駅の内部はずいぶん変わっていましたが、外観だけは昔のままでした。

ちなみに下の写真は、1991年(平成3年)に撮影したものです。


タイランキング

至福の時 ビールにパッタイ(ผัดไทย)

この写真はプーケットの下町の庶民が利用する食堂で撮影したものです。
このパッタイも日本人にはよく知られているタイのファストフードですね。
旅行中に食べたことのある人も多いのではないでしょうか?
簡単に言えばタイ風の焼きそばです。
麺はライスヌードルで、ニラやモヤシなどの野菜とエビなどのシーフード、それに豆腐や卵などを加えて炒めたものです。
甘辛い味付けもいい感じで、ライムや砕いたピーナッツなとが薬味に添えられているのも嬉しいところです。
さらにお好みで、酢やナムプラー(魚醤)や唐辛子などの卓上の調味料を加えるのもタイスタイルです。
日本のアジアン料理店でもポピュラーなメニューですが、タイの地元の人がよく利用する食堂では安価で味わうことができます。
このシーフード入りパッタイとビール(リオの大瓶)1本で400円ちょっとでした。
お一人様の贅沢ランチでした。


タイランキング

空心菜(ผักบุ้ง)炒め

この野菜パクブン(ผักบุ้ง)と言います。
タイ料理では、というよりアジア全域でメジャーな野菜です。
タイ語を直訳すると「毛虫の野菜」ということになりますが…
茎が空洞でストローのようになっているところからきているのでしょう。
日本では空心菜という言いかたもしますね。
だいたいどこの食堂でも食べられるもので、炒めて食べることから、たくさんの野菜を摂ることができるヘルシーなメニューとも言えるでしょう。
僕がタイ語の勉強を始めたころ、料理名で「ผัดผักบุ้งไฟแดง」という言葉が出てきました。
ผัดは炒めるという意味ですが、最後のไฟแดงの意味がつかめませんでした。
あとで分かったのですが、このไฟแดงは「赤い火」。
つまり「強火」の意味で使われているということだったのです。
なるほど、手早く強火で炒めるのが、美味しさの秘訣なんですね。


タイランキング

はじめまして! สวัสดีครับ

はじめまして!
これは最初の投稿です。
旅が好き。東南アジア好き。タイが好き。海が好き。
そんなポンセが書きます
タイへの旅行や食にまつわる話題、タイ語に関するネタを提供していきます。
また日本に興味を持ってくれるアジアの友人も歓迎いたします。
日本文化についても再考し、発信していきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。
(写真はタイ南部のクラビー県の離島であるロック島)


タイランキング