ガパオライス  ผัดกะเพรา

日本ではよく知られたタイ料理のひとつに、ガパオライスというのがあります。パットガパオ(ผัดกะเพรา)と呼ばれるひき肉の炒め物を白飯の上に乗せたもので、店によっては目玉焼が添えられているものもあります。
ガパオとはタイ語では「กะเพรา」。
ハーブの一種で、ホーリーバジル、ガパオ、クラッパオなどとも呼ばれるものです。
ホーリーバジルの葉はタイ料理で一般的によく使われます。
パットガパオは、豚肉や鶏肉のひき肉とホーリーバジルを、ナンプラー、オイスターソースやとともに強火で素早く炒めたものです。
ハーブの葉のスッキリした感覚が、やや油っこいひき肉の炒め物とバランスよくマッチした、定番のメニューです。
プレーンライスとの相性も抜群です。
日本では、香辛料を抑えて、あまり辛くない仕上がりになっていますが、地元タイでは、けっこう辛いものもあります。
僕は辛党なので、辛いものは歓迎です。
旅行に出かけられましたら、ぜひご賞味ください。

応用表現を挙げておきます。
鶏肉パットガパオご飯 ข้าวผัดกะเพราไก่
豚肉パットガパオご飯 ข้าวผัดกะเพราหมู
豚ひき肉と唐辛子炒めご飯 ข้าวผัดพริกหมูสับ
ライスだけ1皿ください
เอาข้าวเปล่าหนึ่งจานครับ
เอาข้าวเปล่าหนึ่งจานค่ะ
目玉焼きもください
เอาไข่ดาวด้วยครับ
เอาไข่ดาวด้วยค่ะ
辛くしないでください。
ไม่ต้องเผ็ดนะครับ
ไม่ต้องเผ็ดนะคะ
二通りの表現があるのは、前者が男性用の表現で 後者が女性用の表現になります。
地元タイの食堂で、使ってみてください。
読めなくても、スマホの画面で見せてください。
きっと理解してくれます…

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コンビニエンスストア ร้านสะดวกซื้อ

僕が小学生だったころに、近所に初めてコンビニエンスストアができたときのことは、よく覚えています。
当時は、横須賀市内に住んでいて、開店したのは「セブンイレブン」でした。
早朝7時から深夜11時まで開いているというのは、当時は画期的だったのです。
いまから30数年前のことです。
その営業時間もいまでは、24時間営業が当たり前になっています。
取り扱われている商品の品揃えやサービスの種類も格段に増えてきています。
人々のライフスタイルが確実に変化してきていることの現れなのでしょう。

タイでもコンビニエンスストアが増えました。
特にセブンイレブンはいたるところにあります。
初めてタイに旅行に行った1991年(平成3年)の頃は、まだ店舗もそれほど多くなく、店の売り場面積も広くなかったように思います。
エッセイ「白い道」でも書いたのですが、旅行中にコンビニ通いをしなければならない事情になりました。
それでタイのコンビニに慣れていったのです。
そこで感じたのは、日本と遜色ないほど便利だということです。
電子レンジ完備で、冷凍食品などもその場で解凍して食べることもできます。
これも、日本と同様ですが、電気ポットの熱湯がありますので、カップラーメンなどのインスタント食品も食べることができます。
下の写真はBTSの戦勝記念塔อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ駅近くのセブンイレブンです。
最近は、この写真にあるような、イートインスペースを持った店舗も多くあります。
ご覧いただければ、おわかりいただけると思いますが、店内はいたって清潔です。
暑いタイでは、少し外を歩いただけで、汗が噴き出してくるのがわかります。
そんな時に、涼しくて休憩のできるちょっとしたスペースがあるのは、たいへんありがたいことです。

イートインスペースのある店舗

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

น่า 〜するに値する 〜すべきだ

น่า
前回のコラムで、「まゆつばもの」のタイ語訳で「เรื่องนี้น่าสงสัย」という記事を紹介いたしました。
このเรื่องนี้น่าสงสัยは、直訳すると
เรื่อง = 話 出来事
นี้ = この
น่า = ~すべきだ ~するに値する
สงสัย = 疑う
のようになります。

น่า は、後ろに動詞や修飾詞がついて、「〜するに値する 〜する価値のある」「〜すべきだ 〜したほうがよい」「〜したくなるような 〜してみたいような」の意味合いを添えるはたらきがあります。

いつもの「足し算のタイ語」式に、事例を列挙します。
น่า+กลัว〈恐れる〉=น่ากลัว恐ろしい、恐ろしげな
น่า+กิน〈食べる〉=น่ากิน食べたくなるような
น่า+เกลียด〈憎む、憎悪する、嫌う〉=น่าเกลียด醜い、見苦しい
น่า+ขัน〈おかしくて笑う〉=น่าขันおかしい[笑うべき]

น่า+คิด〈思う、考える〉=น่าคิด一考に値する
น่า+ชัง〈嫌う〉=น่าชัง胸くそ悪くなるような、ひどく不愉快な
น่า+ดู〈見る〉=น่าดู見ものだ
น่า+ดื่ม〈飲む〉=น่าดื่ม飲みたくなるような
น่า+เบื่อ〈飽きる、退屈する〉=น่าเบื่อうんざりするような、退屈な
น่า+ฟัง〈聞く〉=น่าฟัง聞きたくなるような
น่า+รัก〈愛する〉=น่ารัก可愛い
น่า+รำคาญ〈うっとうしいと思う、うるさいと思って嫌になる〉=น่ารำคาญ気に障る、いらいらさせる
น่า+รู้〈知る〉=น่ารู้知る価値のある
น่า+สงสาร〈憐れむ、かわいそうだと思う〉=น่าสงสารかわいそうな
น่า+สนใจ〈関心を持つ、興味を持つ〉=น่าสนใจ興味深い
น่า+เสียดาย〈もったいないと思う〉=น่าเสียดายもったいない、惜しい
น่า+อยู่〈住む〉=น่าอยู่住んでみたくなるような
น่า+อร่อย〈おいしい〉=น่าอร่อยおいしそうな
น่า+อ่าน〈読む〉=น่าอ่าน読んでみたくなるような
น่า+อิจฉา〈嫉妬する〉=น่าอิจฉา羨ましい

例文を挙げますと
ขนมร้านนี้น่ากินจังเลย
このお店のお菓子おいしそう(食べたくなるようなお菓子)
หนังเรื่องนี้น่าดูนะ
この映画おもしろそう(見たくなるような映画)
บ้านคุณน่าอยู่จังเลย
いいお家ですね(住み心地がよさそうな家)

今回のコラムは以下の文献を参考にさせていただきました。
実用タイ日辞典・用例集《8000語》(ผู้เขียน : วิไล โตมรกุล  สำนักพิมพ์ : สำนักพิมพ์ภาษาและวัฒนธรรม TPAPRESS)
タイ日辞典(岡滋訓著 ボイス発行)

★なお僕自身がただいま勉強中です。
誤字脱字などがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

まゆつばもの เรื่องนี้น่าสงสัย

最近使われることの少なくなった日本語に「まゆつばもの」というのがあります。
先日、雑談の中で、「その話、怪しいね。『まゆつばもの』じゃないの?」と言ってみたことがあったのですが、意味を知らない人がいました。
言葉は、日々変化していくものなので、死語になっていくものがあるのは、当然ですが。
この「まゆつばもの」について、紹介された記事を見つけました。
興味深く読みましたので、ここで紹介いたします。

เลียปลายนิ้วกลาง แล้วเอาไปลูบบริเวณเหนือคิ้ว
ภาษาท่าทางนี้จะใช้เมื่อรู้สึกสงสัยในสิ่งที่ได้ยินมา
คำว่า “เรื่องนี้น่าสงสัย” หรือในภาษาญี่ปุ่นเรียกว่า “มายุ ทสึบะโมโนะ” หมายถึงเรื่องที่อาจแต่งขึ้นมาหลอกเรา หรือเรื่องที่เราต้องระมัดระวังเอาไว้
ภาษาท่าทางนี้มีที่มาหลากหลาย แต่ที่ได้รับการยอมรับมากที่สุดคือ มีที่มาจากตำนานพื้นบ้านเรื่องหนึ่งที่สุนัขจิ้งจอกกับทานุกิชอบแปลงร่างเป็นมนุษย์ไปหลอกผู้คน แต่ถ้าเอาน้ำลายไปแตะที่คิ้วของมันเวทมนตร์ก็จะเสื่อมลง ภาษาท่าทางนี้มีประวัติความเป็นมายาวนาน ว่ากันว่าใช้กันมาตั้งแต่สมัยเฮอันเลยทีเดียว

中指を少し舐めて、眉のあたりに持っていってこする仕草をする。
この仕草は、聞き及んだ話が、疑わしいと思ったときに使われるものです。
この「疑わしい話」は、日本語で「まゆつばもの」と言われ、その意味するところは、我々をだますための作り話であり、我々は十分に用心しておかなければならない、ということなのです。
この「まゆつばもの」の由来は、諸説ありますが、よく言われている説のひとつが、ある地方の言い伝えです。キツネとタヌキは人の姿に化けて、人をだますことがよくあるけれど、もし唾を眉にもっていき、眉に触れるというおまじないをすれば、(キツネやタヌキの魔力を)衰えさせることができるという俗説です。
この「まゆつばもの」の仕草の歴史は長く、平安時代から続いているとも言われています。

出典:70 ภาษากายสไตล์ญี่ปุ่น
ผู้แต่ง ฮามิรุ อากี(Hamiru aqui)
ผู้แปล ตวงทิพย์ ตันชะโล
ISBN 978-974-443-661-0
สำนักพิมพ์ภาษาและวัฒนธรรม TPAPRESS

70 ภาษากายสไตล์ญี่ปุ่น

なお僕自身がただいま勉強中です。
誤字脱字などがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。


タイ語ランキング

タイスキ สุกี้

タイスキなる料理があります。
その名前の由来は、日本のすき焼きと言われいます。
タイ語ではスキー(สุกี้)と呼ばれ、スキヤキの省略形です。
タイには何度か来ているのに、未だにタイスキ未体験でしたので、話のネタにとの思いで、ついに行ってきました。
それもタイスキチェーン店MKの発祥と言われているサイアムのMKゴールドに行ってきました。
「タイスキは水炊きみたいなもんだよ」という声もよく聞きますが、実際はどんなものなのか?

そのとおりでした。
これは、日本の水炊きとほとんど変わりません。
タレ味付けが、若干エスニック風のものもありますが、基本的には日本の鍋料理です。

すき焼きとは、全く無関係です(笑)。
いまMKは日本の九州にも、いくつか店舗があります。
福岡のプレナスと合弁したからですが、九州のMKには、看板に「しゃぶしゃぶダイニング」の添え書きがあります。
そのほうが実体に合っていますし、間違っても「すき焼き」の言葉は使えません。

さてさて このMKゴールド。
肝心のお味のほうはどうかと言いますと…
決して悪くはありません。
出汁はそこそこ効いていますし、具材も選べます。
タレの種類も多いですし、サイドディッシュも数多く用意されています。
ただ一言あるとすれば、
「面白味に欠けること」
きれいにまとまりすぎて、可もなく不可もなくといったファミリーレストランのような感覚です。
せっかく旅行に来たわけですから、少々のワイルドさがあってもいいでしょう。

鍋料理のいいところは、ズバリ「お好みでアレンジできること」
タイでも、各地方ごとに”名物鍋“があるに違いありません。
今度は、そんなディープな世界に足を突っ込んでみても面白いのかもしれません。
次はイサーン(東北部อีสาน)辺りのローカル鍋にトライしてみたいと思います。

MKゴールド

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

灯篭を放つ ปล่อยโคมลอย

タイでは、毎年陰暦の12月にあたる11月の満月の夜に、ローイクラトン(ลอยกระทง)と呼ばれるお祭りが開かれます。
神に祈りをささげるというもので、灯篭流しを行います。
灯篭はバナナの葉や紙で作られたもので、これを川に流します。
タイの一般的なローイクラトンは、灯篭を川に流すのですが、北のチェンマイでは、コームファイ(โคมไฟ)という熱気球を夜空に浮かべます。
タイ語の意味としては
コーム =โคม 灯篭
ファイ =ไฟ 火
ローイ =ลอย 漂流する 漂う
となります。
このコムローイは、天のブッダへの感謝や厄払いの意味を込めて飛ばされます。
この灯りが視界から消えると、苦難も一緒に消えるとも言われています。
数千個とも言われるの無数のコムローイが夜空に舞う光景は、幻想的で素晴らしく、これを見るために毎年多くの観光客がチェンマイを訪れると言われています。
僕がチェンマイを訪れたのは、12月の末だったので、時期はずれていたのですが、「ニューイヤーイベント」よろしく観光客も含めて多くの人が、コームファイを放っていました。
我が家も、さっそく買い求め、空に放ちました。
風がほとんどなかったこともあり、手を離すと、するするとまっすぐに上がっていきました。
こうして、その年の安全を祈願したものでした。

機会があれば、ぜひ11月の満月の時にもう一度来たいです。
ローイクラトンのチェンマイの様子です。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゲストハウス เกสต์เฮาส์

初めてタイに降り立った平成3年の2月、最初に泊まった安宿が、バンコクのラーマ4世通りのルムピニー地区にあったゲストハウスです。
安宿のことは、ゲストハウスと呼ばれており、バックパッカーはまずはそこを目指すことになります。
英語でguest houseと表示されているので、見つけ出すこと自体はすぐにできます。
しかも、この種のゲストハウスの特徴は、その地区にまとまって立っていることが多いことです。
一軒だけ独立して建っていることはあまりありません。
その時たまたまお世話になったのが、このゲストハウスです。
写真はその時の部屋の様子です。
シングルベッド一つだけの狭くて暗いところで、エアコンはなく、古びた小さい扇風機が1台あるだけでした。
トイレやシャワーなどは共同です。
1泊70バーツで、当時1バーツ5.3円ほどでしたので、格安といってよい宿代でした。

当時の日本人を含む外国人旅行者の多くは、カオサン通りに宿をとる人が多かったのですが、このときはあえてルムピニー地区のマレーシアホテル周辺の安宿街を選んだのです。
というのも、その時は、バンコクが最終目的地ではなく、次の行先であるパキスタンのカラチまでの航空券を買う必要があったのです。
このルムピニーには、格安の航空券を取り扱っている旅行代理店があったので、ここへ向かうことになったのです。
しかし、ここまで来るだけでも大変苦労しました。
このブログの旅の一コマ「バンコクの交通事情」でも書きましたが、勝手がわからず、タイ文字も全く読めない状態でしたので、苦労してたどり着いた記憶があります。
先日、バンコクに再訪した時に、この地区に出かけたのですが、このゲストハウスがどこにあったのか、見つけることはできませんでした。
とは言え下町の風情のある街の様子を見て、どことなく安堵感を覚えたものでした。
いまは利便性も格段に良くなった半面、物価が高騰しているので、このような安宿は少なくなっているでしょう。
懐かしい思い出の一コマです。


ゲストハウスのテラスから撮影したものです。
バイクやトゥクトゥクのエンジン音が騒々しかったのを思い出します。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」สำเร็จได้สไตล์คนขี้เกียจ

印象に残った本のひとつに、本田直之さんの書いた「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」というのがあります。
この本を手にする前は、作者である本田直之さんの名前は知りませんでした(すみません)。
1年のうちのおよそ半分をハワイで過ごし、3か月を東京は過ごし、あとの残りは世界各地を回るという、うらやましい生活をしているといいます。
それに加えて、会社の経営者であり、文筆業もこなしています。
1年間に400冊以上の本を読むという勉強家でもあります。
こんなスーパーマンのような精力的な日本人がいることを知ったのは、バンコク市内の紀伊國屋書店でした。

タイ語のレベルを上げたい一心で、もっと幅広くタイ語を読んでみたいという思いで、バンコクに行ったときに、地元の書店で読みやすいタイ語の本を仕入れてくるつもりでした。
そんなときに手にしたのがこの一冊です。
バンコクの書店では、これに限らず、タイ語に翻訳された日本の書籍が、数多くあるのを知りました。
もちろん、簡単に読み進められるほどのレベルではないのは承知ですが、勉強ため、何冊か買って帰りました。
そして時間はかかりますが、辞書をいくつか使いながら、少しづつ読んでいきました。

この「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」の内容としては、私たちの日常生活のちょっとした部分を変えていくだけで、より成果を上げることができること。
時間の使い方や仕事や勉強の進め方から、部屋の片づけかたにいたるまで、参考になる内容が多くありました。
また、これは後で知ったことですが、「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」は、韓国や台湾でも翻訳されているということでした。
興味のある方は、ぜひ一読を。

ちなみにタイ語のタイトルは「สำเร็จได้สไตล์คนขี้เกียจ」となっています。
ISBN: 9786161816278
สำนักพิมพ์: Shortcut

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ソムタム  ส้มตำ

旅先の食堂に入って席に着くと、すぐにきまって注文してしまうのが、このソムタム(ส้มตำ)です。
それだけ気に入っていて、「とりあえず」的なおつまみとして、注文してしまうのです。
ソムタムとは、もともとはタイの東北部(ภาคอีสาน)のローカルフードだったそうですが、現在では全国的に食されています。
サラダの一種で、細切りにした未熟な青いパパイヤがおもな材料で、これに、トマトやいんげんなど数々の野菜が加わります。
たれがナンプラー(魚醤 น้ำปลา)やマナオ(ライム)の果汁、唐辛子やにんにくのほか、よくわからないたくさんの香辛料が使われています。
青パパイヤの食感も良く、酸っぱくて辛いたれとの相性も抜群なのです。
大抵は、付け合わせにほかのものが併せてつきます。
焼き鳥や塩漬け卵、もち米などが選べます。
(写真のソムタムは鶏のからあげとのセットです)
なおソムタムの意味ですが、
ソム =ส้ม 酸っぱい(オレンジの意味もあります)
タム =ตำ 搗(つ)く
石製のすり鉢に入れて、棒で搗きながら作るところから来ているのでしょう。
どこの食堂にもある定番のメニューですが、やはりそれでも注文してしまう一品です。
旅行に行く機会がありましたら、ぜひ注文してみてください。
店によって、少しずつたれの味つけや付け合わせが異なるのも、面白いところです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チェンマイ1991 เชียงใหม่ ๒๕๓๔

久しぶりに部屋の掃除していたら、昔懐かしい写真を見つけました。
もう既に色褪せているその写真は、学生時代にアジアを旅行していたときのもので、早く電子化しておきたいと考えながらも、普段の忙しさゆえにずっと先送りしていたものでした。
ようやく重い腰を上げて、スキャン作業に取りかかりました。
写真は1991年(平成3年)3月に撮影したものです。
写りは決してよくありませんが、今となっては貴重な風景かも知れません。

バンコクからは、汽車で行きました。
これが当時のチェンマイ駅です。
駅舎の外観は、いまもほとんど変わっていないような気がします。

お堀と赤レンガの城壁は、今も変わらず健在です。
その後、およそ四半世紀ぶりにこの地を訪れることになったのですが、当時泊まっていた安宿がどこにあったのか、探してみたくなりました。
確か、ターペー門の北側だったような気がしたのですが…
だいぶ歩き回ったのですが、結局探し出すことはできませんでした。

お分かりのとおり、サイクルリクシャーがいますね。
今では見かけることはなくなりました。
驚いたのは、道路上で歩く象を見つけたことです。
思わずカメラのシャッターを切りました。
それが、この写真です。

何か資材の運搬でもしているのでしょうか?

当時旅行中にしたことで傑作だったのは、レンタルバイクを借りて、郊外を乗り回したこと。
無免許無保険でノーヘルですからね。
言葉も全くわからないくせに、たいしたことをしてましたね。
今となってはとてもできないことです。
賢明な旅行者は決して真似してはいけません(笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村