タイと日本の関係をつないだ「プラー・ニン」 ปลานิล เชื่อมสัมพันธ์ไทย-ญี่ปุ่น

今日は「即位礼正殿の儀」が行われる日。
天皇陛下が内外に即位を宣明され、皇室の新たな時代が正式に始まることになります。
さきに退位された上皇ご夫妻は在位中、海外と多くの交流を持たれ、親交を深められました。なかでもタイ王室とは長く緊密なつながりを続けています。
3年前に崩御されたタイのプミポン国王陛下とは、50年以上にわたり、家族ぐるみの親交を重ねられてきたと言われています。
上皇陛下が皇太子だった半世紀以上も前、プミポン国王陛下国王(当時)に贈った淡水魚の稚魚がきっかけで養殖が始まったティラピアが、タイ国民の食生活を支えていることは、よく知られています。

上皇陛下が皇太子時代の昭和39年にタイを訪れた際、プミポン国王陛下からタイの気候に合う養殖魚がないかと相談を受けます。
魚類学者でもある皇太子明仁親王(当時)は、タイ王国の食糧事情を知り、アフリカ原産で繁殖力が強いティラピアの存在を伝え、この養殖を提案します。
その後東宮御所で養殖したティラピア50匹がタイに贈られることになりました。
国王は首都バンコクの宮殿の池で繁殖を成功させます。
その後、国内各地の貯水池やダムに放流され、食用として広まったのです。
魚のタイ語名は「プラー・ニン(ปลานิล)」と呼ばれており、この上皇さまの名前、明仁の「仁」(ニン)の字に由来するともいわれています。
ปลานิล เชื่อมสัมพันธ์ไทย-ญี่ปุ่น タイと日本の関係をつないだ「プラー・ニン」

ปลานิล เป็นปลาน้ำจืดที่อาศัยอยู่ในแม่น้ำไนล์ ทวีปแอฟริกา เข้ามาในประเทศไทยโดยมกุฎราชกุมารอากิฮิโตะ ได้ทรงเลือกลูกพันธ์ปลาแท้ 50 ตัว ส่งมาทูลเกล้าฯถวายพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวรัชกาลที่ 9 เมื่อปี พ.ศ. 2508 เนื่องจากทรงทราบว่าพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวรัชกาลที่ 9 ทรงกำลังหาพันธ์ปลาที่เลี้ยงง่าย ขยายพันธ์เร็ว และสามารถอยู่ตามแหล่งน้ำธรรมชาติได้ เพื่อแก้ปัญหาประชาชนไทยขาดโปรตีนเนื้อสัตว์ราคาย่อมเยา

プラー・ニンは、アフリカ大陸のナイル川に生息する淡水魚で、皇太子明仁親王(当時)によってタイに送られました。ラマ9世(プミポン国王陛下)が繁殖しやすい魚種を探していることから、1965年に国王陛下に50匹の稚魚が献上されたのです。廉価な動物性たんぱく質が不足していたタイの庶民の食生活を改善するために、天然の水源で生育可能で、繁殖が容易な魚種が求められていたのでした。

พระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวรัชกาลที่ 9 ทรงทดลองเลี้ยงปลานิลในวังสวนจิตรลดา ซึ่งเป็นหนึ่งในโครงการส่วนพระองค์ สวนจิตรลดา จากนั้นจึงพระราชทานให้กรมประมงนำไปเลี้ยงตามสถานีทดลอง และแจกจ่ายแก่พสกนิกร และปล่อยลงไว้ตามแหล่งน้ำต่าง ๆ พร้อมกับพระราชทานชื่อว่า “ปลานิล” โดยมีที่มาจากชื่อแม่น้ำไนล์ (Nile) ในทางวิชาการเรียกสายพันธุ์ปลานิลนี้ว่า “ปลานิลสายพันธุ์จิตรลดา”

ラーマ9世(プミポン国王陛下)は、チットラダ宮殿でティラピアを育てようと試みました。これはロイヤルプロジェクトの1つであり、その後水産局の試験場での養殖することとなりました。養殖は成功し、国民に配布されました。ナイル川に由来したことから呼ばれた「プラー・ニン」、正式には「チットラダ宮殿由来のプラー・ニン」と呼ばれたこのプラー・ニンは、国内の様々な水源に放流されることになります。

ปัจจุบันพบว่าผลผลิตจากการเพาะเลี้ยงปลานิลในประเทศไทยมีปริมาณสูงมาก เป็นอันดับหนึ่งของสัตว์น้ำจืดที่ได้รับการเพาะเลี้ยง ปลานิลเป็นปลาที่มีราคาไม่สูงมาก จึงมีการบริโภคกันอย่างแพร่หลายทั่วไทย และยังได้พัฒนาผลิตภัณฑ์ในรูปแบบต่างๆเพื่อส่งออกไปทั่วโลก ทำให้มีรายได้เข้าประเทศอย่างล้นหลาม

現在、タイでは多くのプラー・ニンが養殖されて、淡水魚としては第一位の数を誇ります。プラー・ニンはそれほど高価ではありません。したがって、タイ全国で広く消費されています。 また、世界中に輸出するためのさまざまな形の商品が開発され、相当の収入を国にもたらしています。

ปลานิลจึงเป็นผลสำเร็จอีกอย่างหนึ่งจากสัมพันธภาพที่แน่นแฟ้นระหว่างสองประเทศและสองพระราชวงศ์ตลอดเวลาที่ผ่านมา

プラー・ニンは、長きにわたる両国と両国の王室との緊密な関係を示す象徴な存在となりました。
引用元
https://www.studyatoz.com/article.php?id=3202

タイ語の勉強はまだまだ発展途上です。
もっと良い訳し方がある!
という先輩がいらっしゃれば、ご一報ください。
お待ちしています。

タイ語ランキング

書くということ

最近は、仕事の忙しさが増してきて、タイ語の勉強が停滞気味です。
困ったものです。
初心に立ち返って、まずは紙に書いてみることから再開しなければいけないと考えています。

タイ語の勉強を始めた頃は、紙と鉛筆が必要不可欠でした。
はじめは、スマホのタイ語単語アプリなどで、目にする単語の音声を聴いて、文字を目で追うことをしていたのですが、文字をいざ書いてみようとしても、まったく書けない。
まったく記憶されていないことに気がついたのです。
ただ眺めて見ているだけでは、記憶されないのです。
これではダメだということで、紙と鉛筆を使うことになります。
つまりは、「とにかく書く」「やたら書く」「あくまで書く」…でした。
白い紙の上に、覚えた文字、覚えた単語を再現していく…この作業の繰り返しでした。
タイ語の文章は、いわゆる「分かち書き」をしません。
英語のように単語と単語の間にスペースを置きません。
文の先頭から文末まで、切れ目なく文字が並べられます。
意味を分かりやすくするために、ブランクが入ることもありますが、句読点で句切るタイミングまでは、切れ目なく文字が並べられることになります。
大文字と小文字の区別はなく、ピリオドやクエスチョンマークの類もありません。
もし仮に、I went to the hospital yesterday.という文章が iwenttothehospitalyesterday と書かれていたとすれば、見る人はかなり混乱すると思います。
ある程度の数の単語を覚えていないと、単語と単語の切れ目すらわからないので、辞書を引くこともできないということになります。
紙に書いていくことで、文字のイメージを再現すると同時に、基本的な単語を覚えていき、さらにその単語と関連する熟語も覚えていく。
スポコン漫画さながら、紙に書いて、書いて、書きまくったものです。
一日に十数枚書いた日もありました。
指にペンだこができるほど書いた日もありました。
疲れて字が雑になりすぎて、何を書いているのかわからなくなることもありました。
非効率的なのかもしれません。
当時は書くという作業をやめるのが、とても不安に感じたものでした。

พจนานุกรม 8,000 ศัพท์ไทย-ญี่ปุ่น
以前のコラム「デザインフォント แบบอักษร https://ponce07.com/design-font/ 」でも書きましたが、タイ文字がすぐに識別できないのは、自分のアタマの中にタイ文字のイメージができあがっていないのが原因なのだと思っています。
実際に紙に書いてみるという作業を繰り返すことは、イメージを定着させるうえで有効だったと思います。
大多数の日本人にとって、タイ文字は漢字やアルファベットと異なり、アタマの中に文字のイメージができあがっていません。
タイ語の勉強を始めたばかりの初心者のかたは、とにかくタイ文字を紙に書いてみるというところから始めてみるのが有効だと思います。
テキストや辞書の文字をお手本にしながら、まずは書き写してみる。
ここから始めてみてください。
数か月繰り返せば、徐々に効果が表れてくるのが実感できます。
ぜひお試しを…


タイ語ランキング

国旗と国歌 ธงชาติและเพลงชาติ

ラグビーのワールドカップが日本で開催され、国内各地で競技が行われています。
またキャンプ地に選ばれた各地でも、外国チームを歓迎する様々なアトラクションが行われているようです。
なかでも、外国チームそれぞれの国旗を掲揚し国歌を斉唱するアトラクションは、各国の関係者に好意的に受け止められているようです。
これらは主に地元の児童生徒らが参加したもので、この「おもてなし」は、外国チームの選手や関係者にとって感動的な演出だったようです。

自国の国旗や国歌を尊重する姿勢は大切なことです。
そして、その考え方は幼少のときから教育されるべきものと言えるでしょう。
自国の国旗や国歌を尊重できない人は、他国の国旗や国歌を尊重できるはずがありません。
国際的に活躍できる日本人を育てていくのであれば、まずはこういうところから始めていくべきだと僕は考えています。

今日はタイの国歌を紹介します。
この国歌が採用されたのは1939年のことです。
この頃は、第二次世界大戦の直前で、戦時色が濃くなっていた時期と思われます。
アジア各国が次々と列強諸国の植民地とされていた状況のなか、独立を維持し続けたタイ。
その誇りと、独立を守り抜き、そして他国の支配は決して許さないという強い決意が、この歌詞に盛り込まれています。
国歌制定後、これを国民に広く知らせるために、毎日朝8時と夕方の午後6時に公共の施設や広場で流されることになりました。
それは、現在でも受け継がれています。
毎日朝8時と夕方の午後6時の時報に合わせてテレビやラジオで流されています。
この時間に駅行けば、国歌の演奏中は全員が起立している姿を目にすることができます。
学校など国旗掲揚台があるところでは、朝の国歌斉唱時に国旗が掲揚され、夕方の斉唱時に降ろされます。
下の映像は、テレビで実際に使われているものです。
演奏の前には以下のメッセージが読まれています。

ธงชาติและเพลงชาติไทย เป็นสัญลักษณ์ของความเป็นไทย
เราจงร่วมใจกันยืนตรงเคารพธงชาติ ด้วยความภาคภูมิใจในเอกราช
และความเสียสละของบรรพบุรุษไทย
タイの国歌と国旗、それはタイの象徴である
私たちは心を合わせまっすぐに立って国旗を尊重すべし
独立の誇りとタイ人の先祖の犠牲を思い

https://www.youtube.com/watch?v=YTgVDlE1HII
https://www.youtube.com/watch?v=1OzPq9NONiw

เพลงชาติ 
タイ王国国歌
ประเทศไทยรวมเลือดเนื้อชาติเชื้อไทย
เป็นประชาธิปไตยของไทยทุกส่วน
อยู่ยืนยงดำรงไว้ได้ทั้งมวล
ด้วยไทยล้วนหมายรักสามัคคี
ไทยนี้รักสงบแต่ถึงรบไม่ขลาด
เอกราชจะไม่ให้ใครข่มขี่
สละเลือดทุกหยาดเป็นชาติพลี
เถลิงประเทศชาติไทยทวีมีชัย ชโย
タイ国はタイ国民の血肉を集め合わせたもの
タイ全土はすべて国民のもの
すべてを維持できているのは
タイ国民すべてが団結を愛しているから
タイは平和を愛するが 闘うことになれば怖じ気づくことはない
独立は誰にも抑圧させはしない
国家のためにすべての血の滴を犠牲にする
タイ国家に勝利あれ 万歳!

なお国旗はธงไตรรงค์ (Thong Trairong・三色旗)と呼ばれています。
赤・白・青の3色のタイ国旗は、青は「国王(王室)」を、白は「宗教(仏教)」を、赤は「国家、国民」を表しており、1917年に制定されたものです。


タイ語ランキング