รับสมัครงาน 求人広告から見るタイの労働事情

気候が温暖で、生活費も日本と比べると安価で暮らしやすい…
ロングステイ先では常に人気上位のタイ。
僕も将来は、長期滞在したいと真剣に考えているところです。

物価については以前にも書いたところですが(タイの物価は高いのか?ค่าครองชีพ https://ponce07.com/cost-of-living-1/)、特別な贅沢さえしなければ、リーズナブルな旅行が楽しめると思っています。
しかし、近年のタイの物価上昇や昨年後半の急速な円安の進行で、以前のような割安感がやや薄れつつあるのも事実です。

最近はタイに渡航することができずにいますが、現地のユーチューバーなどが発信している情報をこまめにみると、飲食店などでは、確かに割高になっている気もします。

モノの値段については、現地のスーパーやコンビニエンスストアなどの店頭を覗けば、だいたいのところは、うかがい知ることができるものです。
しかしながら、現地で働く人々のサラリーの側、つまり給与水準に照らして見るような機会は、ほどんどないのが実情でしょう。
現地の企業で働くサラリーマンの賃金相場がどの程度なのか、非常に興味のあるところです。


ここで示しました写真は、バンコクの中心街にある、行列ができるほど有名なカオマンガイの店「โกอ่างข้าวมันไก่ประตูน้ำ(ゴーアーン・カオマンガイ・プラトゥナーム)」(プラトゥナームの行列のできるカオマンガイ屋 https://ponce07.com/kaomunkai-pratunam/)の客席で撮影したものです。

求人広告のポスターです。
なかなか興味深いですね。
少し解説してみます。

พ่อครัว กุ๊ก เริ่มต้น 12,000-15,000
調理師(コック) 12,000~15,000バーツから
ไม่จำเป็นต้องมีประสบการณ์  経験不問
ถ้ามีประสบการณ์จะพิจารณาเป็นพิเศษ
経験有りの場合は考慮します
※พิจารณา=検討する เป็นพิเศษ=特別に

พนักงานเสิร์ฟ เริ่มต้น 11,000+สวัสดิการ
ウェイター 初任給11,000プラス福利厚生

ここでいう初任給とは、日給ではありません。
もちろん月給になります。

それに加えて、目立つのが福利厚生についての記述です。
ポスターの左下に書かれている「充実の福利厚生!」(直訳としては「福利厚生と利益」となっています)
ここでは、自社の労働条件を積極的にPRしています。

สวัสดิการและผลประโยชน์ (※ผลประโยชน์=利益、利害)

เครื่องแบบพนักงาน  制服貸与
ประกันสังคม  社会保険有り
เงินทิป  チップ有り
เบี้ยขยัน  勤勉手当有り
วันหยุดประจำสัปดาห์  週休日有り
วันลากิจ  有給休暇有り
ค่าล่วงเวลา(OT)  残業手当有り
วันพักร้อนประจำปี  暑季休暇(有給休暇)有り
รางวัลอายุงาน  皆勤賞(永年勤続表彰)有り
ค่าเดินทาง(ตามความเหมาะสม)  交通費支給(規定による)

どれも、日本の労働環境からみれば、当たり前のようにも見えますが、わざわざこうして書いているところをみると、タイでの労働条件は、日本よりも厳しいものなのかもしれません。

タイでは大卒者の初任給が20,000バーツ程度と言われていますので、暑い厨房で働く調理師の初任給が12,000~15,000バーツ程度とはなかなかツラいものがあります。

こうして現地のサラリーから見れば、一回に一人1,000バーツを超えるような外食などは、旅行者だからできるのであって、彼らにとっては、まったく非日常的なものでしかありません。
ハレの日の晩餐…なのかもしれません。


旅行が長くなると、現地通貨を日本円に換算することをしなくなります。
モノの値段を円で考えるのではなく、現地通貨で考えるようになります。
「横のつながり」で考えられるようになるものです。

初めてタイに旅行に行った人は、目にするものの多くが「安価」に見えると思います。
次第にそれを現地の実情に置き換えながら、冷静に分析できるようになるものです。
そうしたことも、ビギナーの旅行者から中級者の旅行者に変貌する一つの目安なのかもしれません。


タイ(海外生活・情報)ランキング

2022年を振り返ってみると…

大晦日になりました。

あわただしく仕事に追われている人も、やっと年末年始の休みに入れたことと思います。

おつかれさまでした。

 

さて今年2022年を振り返ってみます。

3年前に始まったコロナ禍は、依然猛威を振るっているように感じます。

今年に入ってからは、移動の制限が少しずつ緩和され、秋以降からは、海外の渡航も一部再開されるようになりました。

僕の職場でも、出張の機会が大幅に増えました。

また、全国旅行支援と銘打った旅行代金の割引と地域クーポンを付与する新しい観光需要喚起政策も始まりました。

 

タイの入国制限については、大幅に制限が緩和され、観光目的での入国も可能になりました。

7月以降は、タイランドパスの申請と保険加入義務が廃止され、さらに10月以降の入国はワクチンの接種証明や陰性証明も不要になりました。

有効なパスポートさえあれば、基本的に制限なく入国することが可能になったのです。

待ちに待った自由化ではありますが、その後新規感染者数は、またまた増加して、「第8波」と言われる事態になっています。

年末に近づき、都内では連日2万人を超える新規感染者が出るなど、まだまだ安心できる状況ではありません。

減便を余儀なくされていた航空便も、再開し始めました。

日本とタイを結ぶ航空路線も、LCCを含め少しずつですが、再開し始めました。

とはいえ、航空賃はまだまだ高値水準です。

福岡空港では、保安検査に従事する職員数が足りず、搭乗を待つ人々の長い行列ができているというニュースも聞こえてきました。

空港の保安検査場に長蛇の列 なぜ? 年末年始の移動にも影響?https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221227/k10013935691000.html

コロナ禍で旅行者が激減したために、やむなく職場を去っていった人々が多数いて、規制緩和で旅行需要が戻ってきても、すぐに元の人員を確保することができず、たくさんの利用者に対応できないのです。

福岡空港には、羽田空港や伊丹空港、関西国際空港などにあるスマートレーン(複数の利用者が同時に検査を受けることのできる自動化レーン)が整備されていないこともあり、混雑の解消は困難な状況です。

規制緩和により旅行者は戻ってきていますが、混乱はしばらく続きそうです。

とはいえ、ようやく明るい兆しが見え始めたのは事実でしょう。

来年こそは、本格的に旅行者が戻ってくることになるでしょう。

長く続いたコロナ禍で大打撃を受けた観光業界が立ち直るのには、まだ時間がかかることと思われます。

 

クラビやサムイ島で過ごした日々がいまでも思い出されます。

あの美しい海は、いまどうなっているのか…

観光業界の人々が受けた深い傷は、簡単には癒されないと思われます。

いち早く彼らに笑顔が戻ってくる日を心から願っています。

今年の個人的な最も大きな変化は、猫と共に生活するようになったこと

 

美しい海を守るために…マイクロプラスチックの被害について

昔から海が好きで、これまでも沖縄やセブ島など、美しい海を見てきました。

熱帯魚を呼び寄せる方法(https://ponce07.com/tropical-fish/

これまでに見た海で、一番きれいで、一番好きな海は、タイのクラビ県のロック島です。
このブログのトップページに使っている写真は、そのロック島で撮影したものです。

こういうきれいな海を目にすると、本当に心が洗われるような気がします。
この風景がいつまでも続いてほしい、いつまでもきれいな海であってほしいと願うのは当然のことです。
しかしながら、世界の多くの海岸は、漂着する大量のごみの「被害」に遭っています。
海岸漂着ごみは、景観を損なうだけでなく、漁業へ悪い影響を及ぼし、さらには海の生態系をも破壊してしまう怖い存在です。
また、時として国境を超える厄介な問題でもあります。
僕の住んでいる長崎県では、海岸漂着ごみの多くは、外国からの漂着物といわれています。
対策は、グローバルな視点で考えていかなければいけないことになります。

海岸漂着ごみのなかでもとりわけ深刻な問題は、マイクロプラスチックと呼ばれている粒子の細かいプラスチックの存在です。
マイクロプラスチックとは、プラスチック製品が砕けて粉々になったものや、洗顔料や歯磨き粉、化粧品などに含まれているスクラブ剤などマイクロプラスチックビーズと呼ばれているものです。
マイクロプラスチックは、海の中で溶けることなく存在し続けるため、海洋生物の生態に大きな影響をもたらします。

魚や海鳥、海洋哺乳類などの海洋生物が、海水に混ざったマイクロプラスチックを吸い込んでしまいます。
マイクロプラスチックは消化できないため、消化不全や胃潰瘍などを引き起こし、海洋生物の命を奪う結果になってしまうのです。

さらには、サンゴが吸引してしまうことで、サンゴ礁の死滅(白化現象)が起きていることもわかってきました。

プラスチックは、安価で製品に加工しやすいなどの利点があるので、これまで世界中で様々な製品に使われています。
レジ袋やペットボトル、商品のパッケージなど、使い捨てにされるプラスチックもたくさんあります。
洗顔料や歯磨き粉、化粧品などに含まれているスクラブ剤にもプラスチックは使われていました。
粒子の細かいプラスチックなので、下水処理の過程で除去されることなく、そのまま海中に流入してしまうのです。
そうしたプラスチックごみが、河川に入り、やがて海に流れ出てしまいます。
海に流れ出たプラスチックのごみは、潮の流れや風の力によって海中に浮遊して遠くまで運ばれたり、海底に沈んだりして、長く海中に漂うことになります。



このような、マイクロプラスチックによる被害の防ぐためには、早急な対策が必要です。

マイクロプラスチックの弊害が知られるようになってから間もなく、欧米諸国などはスクラブ剤(角質除去や清浄を行うもの)について、その製造を規制するようになりました。

日本国内では、企業努力によって対策は進み、マイクロプラスチックビーズの多くは、すでに分解可能なプラスチックや生物由来の原料に代わってきています。
僕が普段使っている洗顔料のメーカーのホームページを見たところ、このメーカーはすでにすべての製品に代替原料を使用しており、マイクロプラスチックビーズを使用していないとのことでした。
また、環境省が2020年に行った調査によると、日本国内の主要なメーカーの製品のサンプリング調査を行った結果、洗い流し製品においてスクラブ剤としてマイクロプラスチックビーズを使用しているものは確認されなかった、と発表しています。
https://www.env.go.jp/press/109544.html

マイクロプラスチックの被害を抑えるために、私たちにできることはなんでしょうか。
まずは、プラスチックの使用を抑えることが求められます。

もし、スクラブ剤としてマイクロプラスチックビーズを使用しているものがあれば、すぐに使用をやめることは当然です。

また、マイバッグを持参し、レジ袋はもらわないこと。

マイボトルを持ち歩き、プラスチックのカップを減らすといったことは、身近なところから始められるエコアクションと言えます。

日本は、一人当たりのプラスチック容器包装の廃棄量が世界で2番目に多い国と言われています。
私たち一人ひとりが毎日の暮らしの中で、プラスチックごみを減らす取組をしていくことが重要です。

それに加えて大切なことは、プラスチックごみを適切に処理することに留意しなければなりません。

海や川など屋外のレジャーで出たごみは、持ち帰って処理するようにしなければなりません。

使用後の使い捨てコンタクトレンズは、排水管に流すようなことはしてはならないのです。

 

美しい海を保全して、次の世代に末永く引き継いでいくことは、現在の私たちに課せられた大切な責務なのです。

 

街角で出会ったスコールのこと

タイ気象局は、今日10月29日に雨季が明けて、冬に入ったと発表しました。
冬と言っても、日本の冬とはまったく異なりますが、それでも気温はある程度下がり、比較的に過ごしやすい季節となります。
タイの雨季は4月下旬~10月。
その後、11月~2月あたりまで、乾季が続きます。

僕がこれまでにタイに訪れたのは、いずれもこの乾季でした。
学生時代に初めて、バンコクとチェンマイに来たのは、2月から3月にかけてです。
その後は、サラリーマン生活を送っていることから、休暇の取りやすい年末年始に旅行することがほとんどでした。
その意味で、雨季というのを知らずにこれまで来ているのです。
もちろんせっかく観光にきたのに、天気の良くない日が続けば、それは面白くはないでしょう。
雨季が観光に不向きであるのは、当然といえば当然です。
しかし、将来は単なる観光ではなく、生活者の目線でタイと接していきたいと考えていますので、本格的な雨季のなかで、どのように過ごしていくのか、非常に興味のあるところです。
連日のようにスコールが続くような気候は、なにかと不便なことが多いのは事実ですが、いつかは、この時期でのタイ生活も経験したいと思っています。

かつて一度、スコールに遭ったことがあります。
それは、学生時代にチェンマイで経験したことです。

チェンマイ1991 เชียงใหม่ ๒๕๓๔ https://ponce07.com/chiang-mai%e3%80%801991/

その時期は乾季でしたが、まれにスコールが発生することもあるのでしょう。
旧市街の屋台の立ち並んでいる通りを歩いていたときのこと。
路上に陳列台を置いて、履物や雑貨、衣類などを売っている商人が、急に商品を片付け始めました。
それも、手早く片付けています。
ある者は、商品に大きめのビニールをかけて覆い始めました。
「何が始まったのか?」
事態が呑み込めません。
それからほどなくして、晴れていた空が、にわかに曇り始めました。
通りに出ていた人々は、足早に建物の中や軒下に移動していきます。
普段は、のんびりと歩いていることが多いタイ人ですが、このときばかりは、小走りに動きます。
何が起こるのか、そのときまで気づきませんでした。
その直後、雨が降り始めました。
それも、かなりの勢いです。
ついさっきまで、きれいに晴れていた空が、一瞬にして豹変したのです。
僕も、現地の人々と同じように、商店の軒下に走りました。
土砂降りの状態のことを「バケツをひっくり返したような大雨」と言いかたをする時がありますが、まさにそういう表現にふさわしい激しい雨です。
通りを歩く人は誰もいません。
日本国内であれば、傘をさして歩く人が何人かはいるのでしょうが、このときは、傘をさして歩いている人は皆無でした。
もっとも、これほど激しく降る雨の中では、仮に傘があったとしても、それはほとんど役に立たないことは明らかです。
それにしても、このスコールの始まりを、僕はまったく予見できませんでした。
地元民は慣れているのか、スコールが始まることを、直前に感づいて、素早く行動しているのです。
「オレにはまったく読めなかったな」というのが率直な感想でした。

激しい雨は、まだまだ続きます。
空は薄暗く、雨のやむ気配はありません。
たまたま駆け込んだ軒先の店は、喫茶店でした。
ずっと外に立たされるのも疲れるので、その喫茶店に入ることにしました。
扉を開けて中に入ると、コーヒーのいい香りが漂ってきます。
本格的なコーヒーを淹れてくれる喫茶店は、いまでこそたくさん見られますが、当時はまださほど多くなかったのです。
久しぶりに、格別の一杯を味わうことができました。
それも、スコールがもたらしたまったくの偶然に…
店を出ると、雨は既に止んでいました。
空は再び晴れ渡っています。
通りの屋台も、商品を陳列し始めて、営業再開です。

このスコール体験は、いまでも深く記憶に残っています。
普段はどちらかと言えばのんびりしているタイ人が、これほどまでに俊敏に動いているのを初めて見ました。
多くのタイ人は、傘を使わないことも初めて知りました。
偶然に、お気に入りの喫茶店を発見できた幸運も知りました。
こうしたことは、メディアを通じて得た知識だけでは、なかなか実感がわかないものです。
現地で実際に体験してみて、初めて理解できることなのです。

コロナ禍が明け、本格的に渡航が再開しつつあります。
実際に現地に足を運び、現地の文化を自身の目で見て、肌で感じる…
この当たり前の感覚を、これからも大切にしていきたいと思います。

 


タイランキング

旅先の治安について…リスクは自分で避けるもの

新聞報道によると、政府は来月11日から水際対策を大幅に緩和するとのこと。
外国人の短期滞在ビザの免除を再開するほか、国際線の受け入れも拡大させるということです。
実質的な海外旅行自由化の再開が、現実味を帯びてきたと言えるでしょう。
タイへの渡航再開も、そう遠くない日に実現するかもしれません。

海外に旅行に行くときに、気になることの一つに、現地の治安の良し悪しがあると思います。
国内と違って、海外は怖いというイメージを持っている人は少ないと思います。
僕自身も、学生時代からいままでに、14の国や地域を旅行した経験があります。
よく聞かれるのが、この治安についてです。
「怖い目にあったことない??」
「盗難にあったことは??」
など、しばしば聞かれるところです。

結論から言いますと、そのような盗難被害や恐ろしい目に遭遇したことは、全くありませんでした。
ただ一度、スリの被害に遭いそうになったことがありました。
それは中国のある地方都市での出来事でしたが、バスに乗っているときに出くわしました。
ひどく混んだ車内で、吊革につかまって立っていたのですが、肩にかけていたショルダーバッグに、「手」が伸びてきたのでした。
一瞬のことでしたが、腰のあたりに違和感を感じて、素早く体を回転させて、その「手」を捕まえました。
「手」は混みあった車内に立つ乗客の間を、逃げていこうとしましたが、こちらは握っていた拳を緩めることはありません。
むしろ、握っている拳により一層力を込めて、渾身の力でその「手」を引き寄せました。
その「手」は、老婆の手でした。
怒りがこみあげてきて、日本語で怒鳴り散らしたのを覚えています。
しかし、相手が相手だし、こちらの表情がよほど怖かったのか、小刻みに震えているのが見えました。
それ以上責めても仕方ありませんので、「釈放」したのです。
その一件は、特段の実害もなく終わったのですが、こんなことに遭ってしまうと、その街の印象自体が悪くなってしまいます。
とても残念なことです。
しかし、こちらに甘さがあったのも事実です。
スリに目をつけられてしまう行動だったのでしょう。
それからは、街歩きのときに使うショルダーバッグは、たすき掛けの要領で、斜めに掛けるようにしています。

こうした犯罪が多発するところ、しないところの差はどこにあるのか。
その後の旅先でも、そのことを考えるようになりました。
しばしば「民度が低い」というような言い方もされますが、小さい犯罪が多発する地域は、おしなべて住民の質が悪い地域です。
通りを歩いていても、ゴミの投げ捨てなどが目立ちます。
公共の交通機関を利用しても、目につくのは行儀がよろしくない乗客ばかりです。

タイの場合はどうでしょうか。
僕は、タイではそのような不快な思いをしたことは、ほとんどありません。
宗教観の違いなのか、タイ人の多くは、他人の迷惑になる行為は、「恥ずべきこと」という認識を持っているようです。
もちろんすべての人がキチンとしているわけではないのでしょう。
しかし、「恥の文化」ともいえる、そういった考え方は、多くの日本人と似通っていて、タイへ旅行に来ても、ストレスに感じることが少ないのです。
写真は、サムイ島にあるショッピングモールの中にある大手のスーパーです。

治安が悪い地域なら、これは成り立たない。


セルフレジがあるのがわかります。
万引きの多い、治安の悪い地域であれば、セルフレジのようなシステムは成立しないことでしょう。

そんなタイでも、痛い目にあった旅行者もいないわけではありません。
僕が学生時代に初めてタイに来た時ことです。
もうかれこれ30年前のことになります。
そのとき、旅行者の多く集まる「カオサンロード」に泊まっていました。
当時広く読まれていたガイドブックである「地球の歩き方」に掲載されていた、犯罪の手口と全く同じようなことが目の前で起こりました。
その手口とは…
旅先で話しかけてくるのは、若い女性。
カタコトの英語で話しかけてきます。
なぜかきまって「シンガポールから来た」と言います。
学生の旅行者を捕まえては、話しかけてくるのです。
「どこに泊まっているの?」
「そこは1泊いくらなの?」
いかにも、自分も旅行者の一人のような雰囲気で話しかけてくるのです。
同じ旅行者であれば、ついつい気を許してしまうもの。
しかしそのあとに続きます。
「私もあなたの泊まっているゲストハウスに移りたい」
「ホテルに荷物を取りに行きたいから、一緒にトゥクトゥクに乗ろう」
と言ってくるのです。
彼女は背後を指さすと、そこには首尾よく一台のトゥクトゥクが停まっています。
もうお分かりですね。
彼女とこのトゥクトゥクの運ちゃんはグルです。
「一緒にホテルに行こう」などと言われて、ぐらついてはいけません。
そのままついて行ったらアウトです。
人気のないところに連れて行かれて、スジモン風のお兄さんが出てきます。
あとは身ぐるみはがされて「オシマイ」です。
まさに教科書通りの手口でした。
笑ってしまうくらい単純でした。
彼女の背後に停まっているトゥクトゥクを見て、
「オレ、ちょっと時間なくてね。ごめんね。じゃあね!」
と言って、笑いながらその場を後にしました。
彼女は怒っていましたが、しつこくは追いかけてきません。
きっと次のカモを探しに行ったのでしょう。

これまでに犯罪に遭遇することがなかったのは、もちろん運の良さに恵まれたこともあります。
しかし、自分なりにリスクを避ける行動をとっていたのも事実です。
痛い目に遭いたくなければ、「危ない橋を渡らない」こと。
これにつきます。
パターン化された手口は、いまはネット上でいくらでも「予習」することができます。
こうした「予習」をしながら、リスクを避ける行動に徹しておけば、犯罪に遭遇する可能性は大きく下がります。
楽しい海外旅行…
みなさんも十分にご用心を。

 


タイランキング

タイ産のキャットフードが多いわけ

家族が増えることになりました。
それは突然のことでした。
ペットです。
2か月ほど前に、縁があって、子猫を引き取って、我が家で飼うことになったのでした。
餌やりや飲み水の交換、トイレや寝床の掃除など、連日慣れない作業に追われるようになりました。

餌には特に気を使います。
普段は、ロイヤルカナンというメーカーの総合栄養食をメインに与えているところですが、さすがに毎日そればかりでは飽きが来るでしょう。
猫は美食家で、同じ餌では、飽きてしまうらしいので。
猫が好みそうないろいろな食材を使っては、餌作りにいそしんでいるところです。

我が家の猫は、鶏肉よりも魚のほうが好みのようで、ブリやハマチ、ヒラス(ヒラマサ)などのアラを煮て与えると、とても喜んで食べます。
近所のスーパーで、刺身を作った後に残る、血合いの部分などが、格安で売られているので、これをきまって購入しています。
刺身となると、より見栄えのいい部位が使われるので、赤黒い血合いの部分は、敬遠されるのだと思います。
そのおかげで、我が家の猫の好物は、安く簡単に買うことができているのです。
(僕がいま住んでいる長崎市は鮮魚の安価なところです)

ところが、どの家庭でもそのようにはいかないでしょう。
鮮魚の価格の安くないところに住んでいる人であればなおさらです。
猫を飼育しているたいていの家庭では、缶詰などのウエットタイプの餌を与えていると思います。

それは、手軽で、猫が好んで食べるからにほかなりません。
スーパーやディスカウントストアなどのペット用品コーナーに行けば、たくさんの種類のキャットフードが販売されています。
実際に手に取ってみるとわかるのですが、猫用の缶詰の大半が、「タイ産」の製品なのです。
タイは、世界的にも有名な、ペットフードの輸出大国なのです。

タイは食品加工工業で有名ですが、同時にペットフードの生産も非常に盛んなのです。
2020年のタイの農業省畜産開発局の統計によると、タイのペットフードの輸出額は623億バーツで、これは世界第4位の規模といわれています。
また、その額は今後も増加すると予想されています。https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1280314/202203report.pdf

もともと、豊かな海に恵まれたタイでは、小型マグロなどの魚介類の水揚量が多いという背景がありました。
事実、ツナ缶の製造は古くから行われており、地元のメーカーのみならず、マルハやいなば食品など、日本の水産加工食品メーカー大手は、タイに進出してツナ缶の製造工場を建ててきたのです。
日本の市場に出回っているツナ缶にタイ産が多いのもうなずけるでしょう。

タイでキャットフードの製造が盛んになったのは、こうした土壌がすでに出来上がっていた要因が大きかったのです。
ツナ缶を製造する際に出る、残余の部分、例えば血合いの部分などが、別の製造ラインに送られて、キャットフードに加工されているのです。
これも、日本国内の小売店に行けばわかることですが、国内で販売されているタイ産の猫用の缶詰のほとんどが、マグロやカツオを原料にしています。

下の図は、一般社団法人ペットフード協会が発表した統計ですが、実際のところ、キャットフードの輸入先では、タイが圧倒的に多いことがわかります。(統計は令和2年度)


もともと人間の食用のための缶詰工場で発生した残余の部分をおもな原料にしているため、コスト面では有利です。
また、人間用の食品と同じ工場で製造していることから、鮮度や品質の面でも安心できるのです。


ペットは、大切な家族の一員です。
飼い主であればだれでも、「家族の一員」が健康で長生きしてくれることを願います。
そして、安心で安全なペットフードを探し、与えることでしょう。
タイのメーカーには、今後も、安心で安全なキャットフードを提供していただきたいと切に願うところです。

ルンピニ公園  สวนลุมพินี

タイへの渡航再開の道は、またまた遠のいてしまいました。
全国的に新規感染者がまたも急増して、昨日の東京は3万人を超えたとのこと。
僕の職場の仲間も、何人か陽性者が出て、心が痛みます。
早期の回復を祈るばかりです。

さて、タイへの渡航が再開したら、ぜひ訪れたいところのひとつに、バンコクのルンピニ公園があります。
僕が初めてバンコクを訪れた頃、最初に宿を取ったのがルンピニ地区で、その頃から、近くにあったこの公園に、強い思い入れがあるのです。

このルンピニ公園は、かつてラーマ6世が王室庭園の土地を譲り受け、植物園として整備して国民に開放した場所です。
57haもの広大な敷地があるそうです。
バンコクの中心部にありながら、緑の豊かな広大な敷地で、大きな池やランニングやサイクリンのためのトラック、エクササイズのためのエリアなどがあります。
散策やジョギングに興じる人たち、太極拳やダンスをする人たち。
みんなが、この都会の真ん中の公園で、思い思いの余暇を過ごしています。
バンコク市民の憩いの場となっています。

3年前に訪れたときは、早朝の時間帯でした。
暑いバンコクも、この時間帯なら、まだいくぶん涼しさがあります。
ジョギングや散策を楽しむ市民の姿を、多く目にしました。

また、おもしろいことに、ここは公園ですが、フードコートがあります。
粥やそばの類、アヒル、果物、ジュースなど、たくさんの飲食店がありました。
もちろん、その場で食べることもできますが、「テイクアウト派」もかなりいました。
いまから仕事に向かう人たちが、昼食として買って行くのか。
早朝の時間帯ではありましたが、どのお店もけっこう繁盛していました。

僕が特に気に入ったのは、エビ餃子入りの中華そばでした。
そばは、「汁あり」「汁なし」のどちらも選べます。
値段は、50バーツほど。
その時は、「汁あり」のほうを注文しました。
味はなかなかのものでした。
朝のみの営業で、ローカル感が満載といったところです。
朝食付きのホテルもいいですが、たまには早起きして、こういった朝食もいいでしょう。
機会があれば、また是非立ち寄りたいスポットです。

ところで…あのフードコートもいまはどうしているのか?
とても気になるところでした。
コロナ禍のなか、観光客は姿を消し、多くの制約のなかで、営業を継続することができずに、多くの店舗がここを去っていったという残念なニュースも見ました。

しかしその一方で、バンコク都は、2025年で100周年を迎えるルンピニ公園を、世界的なランドマークとして整備する計画を公表とのニュースも見ました。

コロナウイルスからの完全な脱却までは、まだまだ時間が必要な気がします。
しかしながら、古くから多くの市民に親しまれているこの公園が、リニューアルされて、これからも末永く愛され続けることを切に願ってやみません。

 


タイ旅行ランキング

ボーカロイドと音読さん

数年前、タイから留学に来ていた女子学生が、日本でぜひコンサートにいきたいというアーティストがいると語ってくれました。
興味を持った僕が、「誰のコンサートなの?」と尋ねたところ、返ってきた答えは意外なものでした。
それが「初音ミク」だったのです。
当時の僕は、「初音ミク」なるアーティストは知りませんでした。
この「初音ミク」とは、楽器メーカーのヤマハが開発した音声合成システム「VOCALOID(ボーカロイド)」から生み出された架空のキャラクター。
16歳の女性バーチャルアイドルという設定だそうで。
メロディや歌詞を入力することで、合成音声による発声に加え、譜面どおりの音階を忠実に再現することができるというのですから驚きです。
日本が生み出した画期的な技術であることに間違いありません。
その画期的な技術から生まれたバーチャルのアイドルが、国内のみならず、広く東南アジアからのファンを呼び寄せているという事実に、さらに驚きを隠せませんでした。
PC上に入力した歌詞と音階を再現できるので、理論上はどんな世代の歌であっても、たとえ外国語の歌詞の歌であっても、自由自在に「歌う」ことができるのです。
このことについては率直に「スゴイ」としか言いようがありません。
しかし、この「初音ミク」なる人物は、実在する人物ではありません。
あくまでもバーチャルアイドルに過ぎません。
その「実在しない人物」をアイドルとして偶像化する発想が、ちょっと自分の理解を超越していました。
ファンのかたには大変失礼な言いかたかもしれませんが、この「初音ミク」の声と聴くと、いかにも機械が歌っているようにも聞こえます。
それでも、この画期的な技術が生み出したバーチャルアイドルに熱狂的な声援を送る。
それが「cool Japan」なのでしょうか。
複雑な気持ちになったのを今でも覚えています。

それからまた数年の時を経て、最近ある音声読み上げソフトの存在を知りました。それが「音読さん」です。(https://ondoku3.com/ja/)
この音読さんは、テキストボックスに読み上げたいテキストを貼り付けて、クリックするだけで、忠実にその音声を読み上げてくれます。
もちろんこれまでも、こういった音声読み上げソフトはいくつか存在していました。
しかしその多くは、アクセントや抑揚が不自然な、いかにも機械的な発声で、とても人間の声には程遠いものでした。
しかしこの音読さんは、ちょっと違います。
あたかも本物の人間の発声のような声で読み上げてくれます。
速度や声の高さを調整することもできます。
男性の声や女性の声を選ぶこともでき、早く読む遅く読むといったスピードの調整も簡単にできます。
おまけに、日本語のみならず英語や中国語など多言語に対応しています(最近タイ語版も登場しました!)。
インターネットが繋がっている環境であれば、どこでも使うことができます。
もちろんスマートフォンでも使えますので、外出先でも気軽に使えます。
また、読み上げた音声をMP3などのファイル形式でダウンロードすることができるので、パワーポイントや動画などに貼り付けることで、その音声を活用することが可能です。
何度か試してみて感じたことを挙げます。
句読点を普段の文章よりも、こころもち多めにすると自然な発声に近づくこと。
漢字で表記するものと、カナで表記するものでは、アクセントに若干の差異が生じることがあること。
読み上げのスピードは、ややゆっくりめにしておくと丁寧な感じに聞こえること。
音程については、やや低めにしておくと、ソフトな感じに聞こえること。
などなど…
いくつかのコツは要りますが、何度か試してみるうちに、お好みの音声に近づけることができます。
僕などはこの音読さんの声が気に入って、職場で使う研修用動画の説明用ナレーションに使ったほどでした。

こうした技術は、私たちの生活のいろいろな面で活用の途があります。
定型化した音声アナウンスなどを大量に生成し、館内放送などで活用することもできることでしょう。
視覚障碍者などへの音声ガイドとしても活用することもできるでしょう。
テクノロジーの進化によって、仕事の効率化を進めることもできることでしょう。
ゆくゆくは、外国人との交渉の場において、言葉の障壁を低くすることにも寄与するのではないかと感じます。
今後もこうした技術の進歩に目が離せないところです。

長崎で味わえる本格四川料理

以前のコラムで、僕が「辛いもの好き」であることを書きました。
(辛くしますか? เอาเผ็ดไหมคะ https://ponce07.com/spicy-food-1/ )
タイはもとより、以前はアジアの各地を旅行した経験があることから、香辛料がふんだんに使われたアジアのメニューにはたいへん興味をそそられるところです。


今日ご紹介したいのは、長崎にある本格的な四川料理が味わえるお店です。
「四川菜Rinrin(シセンサイリンリン)」というのがそのお店です。
長崎市の郊外、野母崎にあります。
長崎市内の中心部からマイカーで40分ほどかかります。
対岸に端島(通称「軍艦島」)が見える海岸にほど近いところにお店があります。

長崎で味わえる中華料理は、甘めの味付けが多いのが特徴です。
それはそれとして悪くはないのですが、本場の中国料理とは異質なものです。
長崎の中華料理は、この地で独自に進化したジャンルの料理とも言えます。
これに対して四川料理の特徴と言えば、唐辛子や花椒(ホアジャオ)を使った「麻辣(マーラー)」という、しびれるような辛さが挙げられます。
中国の四川省は山に囲まれた盆地で、夏はたいへんに蒸し暑い気候です。
暑いうえに、高い湿度が加わるとどうしても食欲が減退しがちになってしまいます。
湿度の高い夏でも食が進み、発汗を促す香辛料の効いた辛い料理が好まれるようになります。
蒸し暑い気候の地方でスパイスの効いた料理が好まれるのは、他のアジア諸国でもよくあることです。
四川省でも、もともと外来種であった唐辛子が定着するようになったのです。
こうした、痺れるような辛さが特徴の四川料理は、やがて中国の他の地方や日本にも広まっていき、人気を博すようになりました。

この店「四川菜Rinrin」のオーナーは、かつて「料理の鉄人」と称された人気シェフの陳建一氏のもとで修業を積んだ経歴があるとのこと。
そのキャリアゆえに、本場の四川料理が次々に繰り出されていきます。
なかでも、看板メニューの筆頭は「陳麻婆豆腐」です。

看板メニューの陳麻婆豆腐


さっそく味わってみることにします。
多くの花椒が使われていて、一口食べるだけで舌がしびれるような感じになります。
花椒の刺激と豆腐の淡泊な甘みが融合した、本場の麻婆豆腐を味わえる瞬間です。
辛味はもとより痺れの方が強く響いて、その後やや遅れて頭から汗が流れるのがわかります。
白いご飯との相性が良く、ご飯が進みます。
ランチタイムであれば、ご飯、スープ、漬物と杏仁豆腐がつきます。
看板メニューの「陳麻婆豆腐」の他にも、担々麵などの麵類も充実しています。
食べ終わったそばから、「次に来たときは何を注文しようかな」などと考えてしまうほど癖になる美味しさです。
週末は予約を入れるか、早めに行くかしないと席を確保できないほどの人気店です。
町からは少し距離はありますが、食べに行くだけの価値は絶対にあります。
是非ご賞味していただきたいお店です。

★「四川菜Rinrin」
所在地  長崎市高浜町4004-4
電話番号 095-894-2828
営業時間 11:30~14:30(LO)、17:30~20:30(LO)
定休日  毎週木曜日、不定休あり

近くの海岸からは軍艦島が望めます

身近になったアジアンテイストの背景に

タイ政府は22日、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した渡航者について、5月1日から入国時のPCR検査を不要とする方針を決めました。
これにより、入国の規制はほぼなくなりました。
再び、気軽に旅行できる日が近づいてきました。
これまで何度も、規制緩和と規制強化が繰り返されてきましたが、ようやくタイへの渡航とについて、現実味が出てきました。
今度こそは、自由に旅行ができると希望を持ったかたも多いのではないでしょうか。

以前のコラムで、タイ料理の中で、一番好きなものは「ジャスミンライス」と書きました。(ジャスミンライスข้าวหอมมะลิ  https://ponce07.com/khao-hom-mari/)

最近は、アジアの食材が多く輸入されて、近所のスーパーでも頻繁に東南アジアの食材を目にするようになりました。
ナンプラー(魚醤)やカレーペースト、インスタントラーメンなどは、以前からよく見かけてはいましたが、最近では、ジャスミンライスもよく目にするようになりました。
これまで関税障壁の高かった「コメ」であるジャスミンライスも、多く取り扱われるようになったのです。
輸入食材が安価に買えることで有名な「業務スーパー」でも、ジャスミンライスの取り扱いが始まりました。
しかし…
ちょっと高いです。
ちょっとというより、かなり高いと言ってもいいかもしれません。
内容量は1kgで753円(税込、税抜698円)です。
最高品質のジャスミンライスを、気軽にお試しできるはありがたいことですが、これはちょっと高いですね。
現地の価格を知っている者としては。
やはりその背景には、多額の関税が課せられている事情があるからなのでしょう。
財務省の実行関税率表に記載されているコメの関税は、1kg当たり341円とのこと。
ざっくり言ってみれば、およそ半分が税金のようなものです。

タイの米は需要がないとか、日本米こそが一番などと言う人が結構います。
しかし、僕が感じるのはタイ米というものが、あまり理解されていないのではないかということです。
もちろん、僕自身が毎日日本米を口にしていて、その日本米をうまいと感じているところですが、タイ米がうまくないとは決して思いません。
肉にも牛肉や豚肉、鶏肉があるのと同じように、コメにも料理に合った種類のコメがあるのです。
和食には日本米が合いますが、タイカレーやガパオライスなどのタイ料理にあうのは、やはりタイ米なのです。
以前も書いたことではありますが、タイ米は日本の米と違って、粘り気が少なく、水分を吸収しづらいため、カレーなどのような汁物との相性が良いのです。
同じコメであっても、それぞれ別の食べ方があるのです。

もちろん価格面だけをとらえれば、タイ米は日本米の2分の1から3分の1程度なので、ある一定の関税が課されるのは仕方のないことでしょう。
しかし、タイ米と日本米では、その持ち味や用途が異なるので、単純に比較することはできないと思います。
現在の日本では、多くの外国人が定住していることもあって、世界各国の美味しい食材を購入することが可能になっています。
試してみたいと思う人も少なくありません。
こうしたなか、高すぎる関税は消費者の選択の幅を狭めてしまうことになるでしょう。

関税について話題が出たついでに、このことについてもぜひ触れておきます。
高いのはコメだけではありません。
僕が愛してやまないもの。
それはビールです。
タイのブランドビールである「シンハ เบียร์สิงห์ BEER SINGHA」も、スーパーの酒類コーナーで見かけますが、ご覧のとおりその高さに驚きです。
これでは、気軽に手に取るわけにはいきませんね。
これこそ不当な関税障壁と感じるのは僕だけではないでしょう。
いつの日か、タイの地を再び訪れるときが来たら、シンハビールの味を、存分に堪能したいと思います。

 

 


タイランキング