「ไม่เป็นไร(気にしない)」の文化 その2

翌朝早く起きて、キーを探し回った。

ホテルの庭や廊下、フロント辺りを探し回った。

昨日夕食をとった安食堂へも行ってみた。

むろん、下を向いたまま路上を見ながら、探し回った。

歩き回って見たのだが、キーは一向に見当たらない。

親父も心配してくれて、鍵探しに加勢した。

ところがやはりキーは出てこなかった。

 

お寺の境内はもとより、路上も丁寧に掃除されている。

日本人が東南アジアの中で、とりわけタイを好む人が多い理由のひとつに、こうしたタイ人の清潔感を挙げる人は多い。

街は清潔で、清々しい朝である。

ところが今朝に限っては、気分が晴れることはなかった。

 

朝食のとき、従業員の女性に、昨晩遅くに手を煩わせたことについて詫びた。

「ไม่เป็นไรค่ะ (お気になさらないで)」の声が聞こえた。

 

キーの紛失については、なかなか切り出せなかった。

「弁償しなければ」

「いくらかかるのか」

「錠前全体を取り替えるなら経費は相当なものだろう」

「足りないなら両替するか」

いろいろと考えが回ってきた。

 

意を決して切り出す。

「実は部屋の鍵を失くしたんです」

「部屋のなかも、辺りも探し回ったのですが見つかりません」

「申し訳ございません」

「弁償ですよね」

片言のタイ語で尋ねた。

 

従業員の女性は

「ええ、まぁ…」

とだけ小声で言った。

 

いくらかかるのだろうか?

ひどく不安になったが、それ以上聞く勇気はなかった。

 

チェックアウトの時に出された請求明細を見て驚いた。

明細の中に“key”の文字を見つけることができたのだが、記載されていた金額はたったの60バーツだったのだ。

これではスペアキーを作る実費程度にしかならないのではないか?

錠前ごと変える必要はないのか?

そんな程度でいいのか?

これもไม่เป็นไรマイペンライなのか??

 

いまとなっては笑い話でしかない。

この一件はタイ人の気質を知るきっかけになった。

寛容な気質と言われることも多い彼ら。

ちょっとした失敗で思い悩んだことが、ひどく滑稽に感じられた。

十数個の単語覚えるよりも、もっと深い部分を知ったような気さえした。

「ไม่เป็นไร(気にしない)」の文化だった。

 


タイ旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です