空心菜(ผักบุ้ง)炒め

この野菜パクブン(ผักบุ้ง)と言います。
タイ料理では、というよりアジア全域でメジャーな野菜です。
タイ語を直訳すると「毛虫の野菜」ということになりますが…
茎が空洞でストローのようになっているところからきているのでしょう。
日本では空心菜という言いかたもしますね。
だいたいどこの食堂でも食べられるもので、炒めて食べることから、たくさんの野菜を摂ることができるヘルシーなメニューとも言えるでしょう。
僕がタイ語の勉強を始めたころ、料理名で「ผัดผักบุ้งไฟแดง」という言葉が出てきました。
ผัดは炒めるという意味ですが、最後のไฟแดงの意味がつかめませんでした。
あとで分かったのですが、このไฟแดงは「赤い火」。
つまり「強火」の意味で使われているということだったのです。
なるほど、手早く強火で炒めるのが、美味しさの秘訣なんですね。


タイランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です