整髪料 ยาแต่งผม その1

みなさんは、普段はどんな整髪料をお使いでしょうか。
忙しい朝でも、手軽に短時間でセットできるものがいいですね。
最近はヘアジャムのような、軽めのタッチが流行りのようですが、僕の場合は少々違います。
同じ整髪料でもディップのように、髪を固めるタイプの物をよく使います。
少々古臭い感もありますが、昔からそのスタイルに変わりはありません。
タイでもディップを買ったことがあります。
日本のものと異なり、独特の香料が含まれているものが多いのがやや気になるところではありますが、比較的に安価で購入できます。
もっといろいろなメーカーのものを試して、お気に入りの品を見つけたいと思います。

タイで販売されているディップ
さて、今回のコラムで、この整髪料の話題を選んだのは、先日床屋で見かけた珍しい整髪料があったからです。
その整髪料とは、『丹頂チック』です。
知らない人が多いと思いますので、少しご説明いたします。
発売されたのは昭和8年(1933年)で、現在もまだ販売されている超ロングセラーなのです。
僕自身は使ったことはありません。
ヘアドライヤーのある今の時代は、ディップのほうが使いやすいですし、「丹頂チック」は香料が強すぎて、とても今風ではありません。
しかし昭和の初期は、当時の「モダンボーイ」に愛用され、今でもシニア世代の日本人には、根強いファンがいるということなのでしょう。
特徴といたしましては、髪をきっちりと固めるタイプの整髪料で、筒型のケースに入っていて、見た目はスティックのりを大きくしたような感じです。
これを、まさにスティックのりを使う要領で、ケースから少しだけ出して、髪に少しづつつけていくのです。
発売当初は、手を汚さずに髪をセットすることが出来るのがウリだったようです。
当時の日本では、髪を固めるのに「鬢(びん)つけ油」が使われていました。
いまでは、角界の力士の髷(まげ)を結うときにしか使われない鬢つけ油ですが、これは手にべたつくもので、使い勝手が良くありません。
そんな中、手軽に髪をセットすることができる「丹頂チック」は、大いに好評を得ることになりました。

これが発売当時の商品ポスター。キャッチコピーには「國産化粧品の最高基準品!パリー製に優る丹頂チツク」とあります。
モデルのテカテカ感がスゴイ!
整髪料 ยาแต่งผม その2
https://ponce07.com/hair-gel-2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です